TOP > V35 スカイライン・クーペ 発表&試乗

V35 スカイライン・クーペ 発表&試乗


2003年1月16日 V35スカイライン・クーペが発表になりました。
セダンは、XVLをそのまま出してきたものであったが、クーペはZをベースにしてセダンのデザインを採り入れものである。


発表会
2003.1.19
スカイライン・クーペの展示車を見てきました。
担当セールスさんが退社して、新しいセールスさんとの引継ぎ話も兼ねていろいろスカイライン談義してきました。
概ね、評価できる出来なのですが、1.5トンを超える車重、3.5リットルのNA、大きく見える車体、M-ATxと6MTを差別する装備、後部座席に座るとそこはサンルーフ状態、そして車体の大きさの割には中が狭いなどなど。
多少苦言を交えて、2年後を目処に改善してくださいとお願いしてきました。(笑)

いわば、NEW Zの4シータバージョンという話でしたが、実物のZが駐車場に入ってきたときには、Zの方がいいなって、正直に思いました。

ボディーが白だったためか、特に大きく見えました。
それから、気になる◎テールのイメージですが、展示車のブレーキランプなどを点燈してもらい確認してきました。



残念ながら、R34までの◎テールというイメージには程遠い(特に外側の○がウィンカーなので)のですが、まぁ、伝統のひとつが復活したということで希望が見えてきた感じです。

試乗車はまだ手配できていないということでしたが、申し込みをしてきました。6MT車はまだラインから出てこないということで、M-ATx車が試乗車になると言ってました。

試乗
2003.1.25
35クーペを試乗してきました。
350GTの5速M-ATx車、シルバーで、18インチのタイヤ&ホイールとDVDナビ装着車でした。このオプションを含めると車両本体価格だけでも軽く360万を超えるそうです。



風格と言いい、価格といい、名実ともにGTカーと言えるでしょう。
さて、インプレです。さすがに、3500の排気量だけあって、車重を感じない軽快な加速をしていきます。
当然ながらターボと違うナチュラルなフィーリングはいいですね。
やはりV6エンジンは、滑らかで静かです。特に直6にこだわりがないので、自分的にはOKです。
高速域では、静かで風切り音はほとんどせず、スピード感がないにも関わらず、一気に加速して行きます。
もっとも、今の34の加速力、スピード感と比べたらかなり落ちます。正直物足りません。(笑)