TOP > 36 スカイラインに求めるもの

36 スカイラインに求めるもの


V35の次のスカイラインの話です。まだまだ具体的な姿が見えてきませんが、Z33に乗り換えて、一度スカイラインを離れた自分ですが、「36スカイライン」に期待をしてます。魅力のあるクルマならば、きっとスカイライン復帰をはかるでしょう。


2004年2月23日 記事UP:

スカイラインは伝統を重視しつつ永遠に進化して欲しいものです。
もはや、直列6気筒の復活は有り得ないでしょうが、時代を代表するスポーツセダン、クーペとして復活して欲しいものです。
V35セダンが登場してからすでに、2年半。遅くてもあと、2年半の2006年夏には、新型が登場すると予想されてます。
また、GT-Rはスカイラインという名前を外して、2007年に登場する予定です。(日産のゴーン氏が表明)
従って、GT-Rは新型の36スカイラインがベースになると想像され、その36は現行のFMプラットフォームを捨て、新たに新設計されるという噂もあります。(Z33も同じプラットフォームなので寂しい思いがしますが)