TOP > R34スカイラインモデルチェンジ情報

R34スカイラインモデルチェンジ情報


☆ R34スカイラインが登場するまで、モデルチェンジ情報を掲載します。


<H11.1.8>

●R34 GT-R正式発表!
 ついにGT-Rがデビューしました。史上最強のGT-Rとして今後の活躍に期待しましょう。
 なお、詳細は「R34 GT−R情報」を参照。

 


<H10.5.25 現在>

●また、また久しぶりにこのページを更新(殴)だって、発売時期やスペックが雑誌で詳細に紹介される段階ではもはやこのページの存在意義がなくなっていたものですから。でも、今日、正式発表になったわけだから、やはり、なにか書かなければならないと思い更新してます。(笑)なんか、このページにサーチエンジンで直に入ってくる人が急に多くなりましたね。やはり、スカイラインの新車効果でしょうか?でも、訪問者は期待はずれな内容なので冷や汗がでてます。

●ついに、R34スカイラインが登場しましたね。スペック的には満足できそうです。(コストパフォーマンス的には文句なしでしょう)R32のコンセプトを踏襲してまさに「帰ってきたスカイライン」楽しみな仕上がりですね。

●やはり、売れ筋は2ドアでしょうね。スタイリッシュな「名車:R32の4ドア」を超える4ドアは今回も登場しえなかったから。

●日産さんも本社のリストラ政策が公になってましたが、このスカイラインでもっとがんばって欲しいと思います。GT−Rという存在はとりあえず、無視していいクルマを安くだせば売れるというマーケッテイングの基本に立ち返ったことはうれしい限りです。

●とはいえ、やはり、フラグシップのGT−Rはさらにがんばってもらいたいですね。


<H9.12.21 現在>

●久しぶりにここを更新します(汗)

  1. R33スカイラインの4ドアモデルのGT−Rがオーテックから発売された。
    下の写真は東京モーターショーに出品された時のものです。



  2. 下のコメントを見ると新型のR34スカイラインが東京モーターショーで発表されることになってましたが、予想は見事に外れました。
  3. 現時点での予想は来年の8月デビューが最有力です。まあ、考えてみればもともと5年モデルチェンジ説とうい結果に落ち着くわけだし、スカイラインの市場投入タイミングの喪失からそうなったものだと思われる。
  4. 今度のR34スカイラインはまず、GTSモデルが投入され(いつものパターンですが)、GT−Rは遅れての登場となるようです。
  5. 但し、今回はGTSのタイプMは変な妥協をせず、R32のGT−Rに匹敵するスペックで登場が予想されます。当然、馬力も280PSのバリバリで出てくるみたいなので、GT−Rに手がなかなか届かないわたしには楽しみなクルマになってます。

<H9.2.10 現在>

  1. 今日、マイナーチェンジしたGT−R(Vspec)を見に行き、カタログを貰ってきた。
  2. GT−RのVspecUの投入が見送られたため、盛り上がりに欠けていた。Vspecの主要諸元も変わりなく、外装が多少見直されていた程度。ただし、ABSは全車標準装備。
  3. 今回のGT−R(Vspec)の特徴
  4. GT−Rの試乗車は当然、用意されてなかった。
  5. 値引きは5万程度。旧型は在庫車があるので15万位。タイプMの旧型は50万引きますの言葉にグッとなるが、R33を買っても仕方がない。R34まで待ちます、と、宣言した。
  6. R34はいつ出るの?の質問には立場上答えにくそうで今年中には出ないでしょうと言っていた。しかし、今回のモデルチェンジは小規模すぎるので、ずばり、モーターショーに新型R34が出ると思う。


<H9.1.17 現在>(久しぶりの更新です。)


<前回の情報>