2011.08.17 GT-R試乗@日産 GRANDRIVE

日産の「N-Link OWNERS」のイベントの「日産 先進技術・試乗体験会」に当選して念願のGT-Rを試乗することができました。
今回のこのイベントは、土日のそれぞれ午前、午後で各々20組、全部で80組が選ばれました。結構、毎回の競争率は高いそうです。

NISMOのGT-Rデモカーを整備台の上でエンジン掛けて空ぶかしまではした経験があったのですが、実際のドライブは初体験でした。
日産車の中ではGT-Rは別格で、なかなか試乗させてくれませんから。

場所は、横須賀の追浜工場に併設されている本格的なテストコースである「GRANDRIVE」。

コンセプトは、従来の実験や評価の実施に加え、顧客にその魅力や走る楽しさを伝えることを目的としているそうです。
一周約4kmのコースのなかには、荒れた路面や首都高速道路に見られる段差などの一般道路を再現していました。

駐車場には日産車特にZやスカイラインなどのスポーツ系の車が目立ちました。隣の34Rは宮城ナンバーでしたので、遠くからも駆けつけてきたようです。

■GT-R試乗風景

試乗車は、GT-Rをはじめ、フーガ(ハイブリッド)、ジューク(ターボ)、マーチ(アイドリングストップ)、セレナの5台。それに、Z34は、GT-R試乗の順番時にナビ席かZ34ドライブかの選択となります。
あとリーフは別枠でコース一周の試乗させてもらいました。
人気はやはりGT-R。試乗は抽選なんてことはなく全組乗れました。

写真撮影には制限があり、走行風景等は撮れませんでしたが、隊列を組んでコースを走るGT-Rたちは壮観でした。

赤いティーダが先導して、GT-Rがそれに続きます。下の左側の写真は、フーガから見たGT-Rのリア。
自分の番では、奥さんがZ34を運転したため、Z34が先に入りました。

やっと、自分の順番が回ってきたGT-Rのコクピット。
速度メータが340キロまで刻まれていますが、このコースでの最高速度は、100キロに制限。ほとんどメータが動きませんでした。(笑)
重低音なサウンド。その気にさせられます。
丁度、雨が降ってきたのでリアウィンドウの雨粒を払おうとワイパースイッチを探しましたが、リヤワイパーなかったのですね。
おかげで少々リアの視界不良が気になるドライブとなりました。

さて出足ですが、やはり重い感じ。まぁ、GT-Rらしく、戦車に乗っている感じで良い。(笑)

先導車に従って、時速40キロから60キロへ加速。60キロから100キロまでの加速を体験させてもらいました。
このスピード域では一気にシートに押し付けられるような加速です。あっという間に100キロに達して物足りなかったです。
やはり200キロ以上の領域を試させてくれないかな。って、ちょっとわがままに思いました。