TOP > 銀英伝コミュニケーション

銀英伝と三国志の話


<銀英伝ファン>

実は高校時代に吉川英治の「三国志」にはまってまして、今回「銀英伝」を読んだ時、
共通点をいろいろ発見したんですね。
「三国志」も戦争の話だし、為政者間の権謀や術数、人間ドラマが描かれている点も、
「銀英伝」と似ています。

ヤン提督の意表を突くような戦術は、諸葛孔明のそれを彷彿させます。それで「三国志」
のキャラと「銀英伝」のヒーローたちが、ダブって見えたりするんですよ。

KJさんはヤン提督が孔明に、ラインハルトが曹操に似ているとおっしゃってましたね。
確かにそうです。加えて自分的に言うと、ヤンは劉備玄徳の人間性、庶民性、人望があると思います。
キャラ的には孔明ほどクールではないです。
また、ラインハルトにもまた孔明的なところがあると思います。
知略に長けたところと、クールな性格、女性に素っ気無いところとか(笑)。
孔明先生が露天風呂に入っている時に、ギャルに誘惑されてもすげなくあしらったのが、
もうらしくてらしくて!そういう史実はないのに、何故かあらゆるメディア中での彼は「二枚目」
ということになっていて、これがまたラインハルトっぽいのです。

キルヒアイスやユリアンは、主君に忠実という点で、やはり張飛か関羽といったところでしょうか。
あんなムサイおじさんたちじゃないけど…

「三国志」のキャラももう忘れてきちゃったので、「他にもこんな人達が似てますよ」という意見が聞きたいです。
「三国志」は三国の戦いだから、呉の孫権もいるわけなんですけど、彼に近いのは「銀英伝」では誰でしょうね?
でも彼は他の二国の君主と比べると、キャラ弱いからな…呉はフェザーンってとこか??

帝国の旧王朝は、「三国志」では漢王朝の劉一族みたいですね。弱体して腐敗しきってる。
「三国志」であれだけの死闘、ロマンスを繰り広げたのに、結局最終的に天下を取るのはあの
三国以外の国でしたね。
世界史の教科書で中国史の年表なんか見ると、三国時代なんてほんのわずかしか触れられてません。
栄枯盛衰の空しさ、はかなさがまた良いのでしょうか?
帝国と同盟の攻防も、後世の歴史家からしたら、コンパクトにまとまってしまうのでしょうかねえ。
漫画しか読んでないので、本編の結末を知りません。どちらにも愛着があるので、帝国と同盟、
決着がつかない方が良いな、と思ってます。


<Kj>
銀英伝は、三国志的だといういう意見は確かに多いです。実際には銀英伝のモデルはたくさんあるそうですが、
あまり、歴史を科学するという趣味はないので、三国志に重ね合わせて考えるところが多いですね。
(実は歴史は覚えることが大変で苦手だったりします。)

銀英伝のキャライメージもいろいろな意見があるようです。
自分は、アニメキャラを全面的に支持しますが、小説を読んでイメージを膨らませていた人には
ギャップが大きいようですね。
そういうことで、銀英伝と三国志の話を募集してますので、よろしくです。


<浅霧さん>

銀英伝キャラは、確かに三国志の登場人物に似てますよね。
私は、まだ赤壁の手前ぐらいまでしか読んでいないのですが…。
そこまで読んだ限りでは、やはりヤンは孔明と玄徳を足して2で割ったような感じですね。関羽と張飛はシェーンコップとポプランでしょうか(笑
んでラインハルトは曹操。
呉に当たるのは、フェザーンよりもむしろ地球教のような気がします。後半、躍起になってヤンを消そうとする様は、孔明をストーカーのごとくつけ狙う周瑜と通じるものがありますし…。
偉そうに語る前にまず全部読んでしまえっていう話なんですけど;;