TOP > ヤンの銀英伝

ヤンの銀英伝(21:魔術師、還らず)

21.ヤン・ウェンリーの足跡(ヤン最後の言葉)



<第79話:回廊の戦い(前編)〜常勝と不敗と〜>


★ヤンの降伏勧告返礼による過激な挑発と謀略により、ビッテンフェルトとファーレンハイトは、ヤンの出方を同盟側の回廊の外で待たざるを得なかった。一方、帝国側からメックリンガーがイゼルローン回廊にさしかかったが、ヤン艦隊の全艦出撃を過大評価し、回廊出口で待機せざるを得なかった。

★ヤンは、ビッテンフェルトと戦端を開きイゼルローン回廊に巧みに誘い込んだ。それを見たファーレンハイトも参戦を余儀なくされた。ヤンは回廊の地の利を得て帝国軍を迎撃した。数に優っていたビッテンフェルトとファーレンハイトはやがて包囲され、強行突破を図るが、クロスファイアポイント攻撃により、ファーレンハイトは戦死したが、その活躍により帝国軍は全滅を逃れた。


<第80話:回廊の戦い(中編)〜万華鏡(カレイドスコープ)〜>

★ヤンは、緒戦を勝利しイゼルローン要塞に引き揚げていた。ラインハルトは、ビッテンフェルトとファーレンハイトが既に戦端を開いていたことを知り感情を荒立てた。

★ヤンは機雷を敷設し回廊を封鎖した。ラインハルトはイゼルローン回廊に機雷を排除しながら侵攻していった。やがて、帝国軍は回廊内に橋頭堡を築いた。数に優る帝国軍は、攻勢にでたが、ヤンの戦術に苦戦を強いられていた。

★ヤンは、帝国軍の隙に乗じて一気に攻勢にでたが、ウィークポイントをラインハルトに瞬時に見破られて後退せざるを得なかった。


<第81話:回廊の戦い(後編)〜大親征の終幕〜>

★ヤンはイゼルローンに引き揚げたが、ヤン艦隊の士気は依然高かった。ヤンは作戦を練り直し全面的な攻勢にでた。

★ヤンは劣勢であるが地の利、火力の集中による時間差を利用した各個撃破戦術により、優勢を保っていた。

★ラインハルトは物量作戦に転じ、ヤン艦隊に消耗を強いた。ヤンは善戦したが、フィッシャーの戦死は衝撃を与えた。ヤンはイゼルローンに引き揚げ、ラインハルトも回廊から撤退した。


★ラインハルトからの停戦と会見の申し入れがあったが、疲労のため即答できなかった。ヤンはユリアンに向かって言った。「脳細胞がミルク粥になってて、考え事どころではない。とにかく休ませてくれ」


<第82話:魔術師、還らず>


★ヤンは連戦の疲労により睡魔に襲われていたが、ようやく目覚め、ラインハルトの会見の申し入れを幕僚と討議した。ヤンは会見を受諾することを決定した。


★ヤンはユリアンとフレデリカをイゼルローンに残しラインハルトの会見にレダUで出発した。ヤン出発後、フォークがヤン暗殺に向かっているという報がユリアンらの幕僚にもたらされた。ユリアンらはヤン救援のため密やかにイゼルローンを出発した。

★フォークを囮とした地球教の陰謀により、ヤンのレダII地球教の狂信者達の侵入を許した。ヤンは、呆然とし逃げようとするが、次第に追いつめられていった。そして、シェーンコップ、ユリアンの救援も間に合わず、ついにヤンはももの動脈を撃ち抜かれ、大量に出血していた。宇宙歴800年6月1日、2時55分。やがて、ヤンの意識が遠のき、 ヤンの時が33歳で停止 した。

■ヤン最後の言葉「やれやれ、ミラクルヤンが血塗れヤンになってしまった。」「ごめん、フレデリカ。」「ごめん、ユリアン。」「ごめん、みんな。」


●その時、ひとつの星が銀河の中で瞬いて消えた。

●その時、ひとつの時代が終わりを告げた。

●そして、時間が凍った。