TOP > ヤンの銀英伝

ヤンの銀英伝

15.ヤン・ウェンリーの足跡「遺産」(ヤンのライバルの変節)



★ハイネセンでは暴動が拡大していった。5,000人の政治犯の暴動鎮圧において帝国軍側に混乱を生じた。それは、ビッテンフェルト奪還のためにシュワルツ・ランツェンレイターが不穏な動きをしたことである。憲兵隊とシュワルツ・ランツェンレイターの部隊は対立した。しかし、フェルナーの的確な手腕により回避された。しかし、フェルナーの負傷により鎮圧作戦は多くの犠牲を生んだ。死者の名にはパエッタ、オリベイラがあり、シトレー、ムライは負傷していた。

★暴動はますます拡がっていった。ミュラーはオーベルシュタインに進言をしようとしたが門前払いされた。従って、ミュラーは独自の判断で行動することにした。

★事件は地球教の陰謀と推測された。ミュラーはイゼルローン共和政府に対して誤解を解くためにムライの派遣を検討したが直ぐにオーベルシュタインに排除された。

★イゼルローン政府のフレデリカ、ユリアンらの幹部達は要塞をでていた。しかし、ハイネセンの暴動の事実を知り要塞に引き返すことを決めた。

★しかし、故障艦の修理に手間取り帝国軍の艦隊に捕捉された。アッテンボローの「それがどうした」の一言とイゼルローン全艦隊で帝国軍を追い払った。

★ラインハルトは、オーベルシュタインの施策を叱責した。また、ラインハルトはオーベルシュタインとビッテンフェルトを和解させた。しかし、これはかってのラインハルトとは思えない処置であった。

★オーベルシュタインはルビンスキーの逮捕を発表した。

★ラインハルトは改めてイゼルロン政府の召喚を命じた。そして、政治犯はラインハルトの名の下で釈放された。ユリアンはハイネセン行きを決めた。


●やはり、ユリアンの回想シーンにでてくるヤンはしゃべらない。