TOP > ヤンの銀英伝

ヤンの銀英伝

13.ヤン・ウェンリーの足跡「遺産」(ヤンと惑星ハイネセン)



★ビッテンフェルトはオーベルシュタインの麾下で旧同盟首都ハイネセンの秩序維持を命じられて腐っていた。

★ハイネセンでは、ユリアンのイゼルローン軍が帝国軍に勝利したことが伝わり市民は興奮した。ヤンの名を掲げる地下秘密組織がいくつも活動をしていた。こうした状況下において帝国軍は警戒を強化せざるを得なかった。

★フレデリカはヤンの遺体をなかなか宇宙葬にできなかった。フレデリカは、ヤンをハイネセンに埋葬したかったのである。しかし、埋葬できる日は何時になるかわからなかった。

★イゼルローン要塞には、ハイネセンにオーベルシュタインが派遣されるとうい情報がもたらされていた。結局、オーベルシュタインの冷徹な頭脳を警戒し、慎重な戦略を立てることにした。

★オーベルシュタインとビッッテンフェルトらの一行はハイネセンに到着した。ビッテンフェルトはその実直さから、オーベルシュタインの悪口を堂々と口にした。

★ハイネセンでは直ちにオーベルシュタインの過激な方策が実行に移された。旧同盟にあって重要な公職にあったものを危険人物として、強引に連行し収監してしまった。その中にはムライらの名もあった。

★過激な政策に対して、ビッテンフェルトはついにオーベルシュタインと対立した。ビッテンフェルトはオーベルシュタインに手を上げ謹慎を言い渡された。


●ビッテンフェルトのキャラクターは好きである。オーベルシュタインにケンカを売られたことにより、シュワルツ・ランツェンレイターは反発する。惑星ハイネセンに不穏な空気が漂い出す。