TOP > 心に残る名場面集


心に残る名場面集


★銀英伝の名言と名場面を大募集!


<応募要領>

(1) 名場面は必須です(書いていないと意味がない)。

(2) 何かコメントを一言書いて下さいね。

(3) 投稿の反映には、1〜2か月程かかります。(手作業にて反映するため)

 

●名場面     
            


●お名前      


●何か一言    
             

                
 


●001〜100番目
●101〜200番目


<名場面集>(応募順:敬称略)
201 イゼルローン共和国の創立式典で兵士全員が国歌を歌っているシーン みどり児 ポプラン声でかいです。
202 キルヒアイスが死ぬシーン ぽんちゃん 「宇宙をお手に入れて下さい」との言葉通り宇宙を手に入れていくラインファルトの一途さがすごいね
203 ロイエンタールが「遅いじゃないか…ミッターマイヤー…」と言って事切れる場面。 アザリア ファーレンハイトの方が好きなのに…ファーレンハイトの死に際に泣けず、ロイエンタールの死に際に大泣きした私って…。
204 疾風ウォルフが泣いているぜ・・。 バイエル 悶絶した
205 捕虜交換の時、キルヒアイスがユリアンに話し掛けるシーン。 ジークハイル! キルヒアイスの人のよさがこの場面に出ていた。
206 たしか、回廊の戦いだったと思う。帝国軍が「ジークカイザー!」と叫ぶと、すかさずヤン艦隊が「くたばれカイザー!」と叫び返した場面。
あれは笑えました。
たく あと印象に残っているシーンというなら、なんといってもヤンが死んでしまうシーン。ヤンが他界してしまうことは、あらかじめ原作を読んで知っていたのに・・・。音声の無い次回予告が印象的でした。あとは、ラインハルトの最後があります。なんとも寂しげな最後でした。
207 OVA版で、シェーンコップ中将が、レベロ議長を捕虜にしようとした場面。 レンゲ この時初めて、シェーンコップ中将をかっこいいと思いました。もっと早く気付け、といわれそうですが・・・。
208 ラインハルトが1対1で交渉を受けるところ
対ヒルダ(リップシュタット戦役の前)
対ボルテック(フェザーン回廊の航路権)
対ロイエンタール(ミッターマイヤー救出)
対ミッターマイヤー(ロイエンタール討伐)
御意 思わず感心してしまラインハルトの会話。なんと頭のよいこと。あ、そういえばヤンとも二人で会見したね。忘れてた、ごめんごめん。帝国派のわ・た・し。
209 バーミリオン会戦!!しかないよ!
やっぱり^^VV
りゅう 戦術的には負けても、相対的に見れば帝国軍の勝利は明らかであり、さすが、田中さんの構成には関心できますよ!
210 ロイエンタールとミッターマイヤーの最後の晩餐ワインではなくビールを酌み交わしているシーン 宝くじ COOL!
211 ヤンの死亡時あの百戦錬磨のシーンコップがその死をフレデリカに誰が伝えるかを悩むシーン 実はかっこいいシェーンコップ あの人でも女性に物怖じすることがある
212 なんといっても、キルヒアイスが撃たれ、ラインハルトがかけよるシーン!涙 めぐ☆ 銀英伝は一生の宝です!!!!!
213 ラインハルトが『リヒテンラーデ公の10歳以上の男子はすべて死刑、女子供は流刑』と言った後で、ロイエンタールが顔を上げた瞬間 石川 初めてこの場面を見たとき(アニメでね)には、ロイエンタールがあんなことになるとは知らなかったのだが、『何か意味がありそうだな〜』と思いつつ記憶に強烈に残っていた。
214 メックリンガー大将がケンプ上級大将の死を家族に報告に行ったシーン 呉井三太夫 ケンプの小さな2人の息子が泣きながら父親の仇を討つことを母親に言っているのが印象的だった。
215 「祭りの前」のラスト、イゼルローンの面々が描かれているシーン Kojiro いよいよイゼルローンでラインハルトと雌雄を決しようというヤン艦隊の「伊達と酔狂」が凝縮されたような(?)シーンで、さらに、改めて「もうすぐヤンが死んじゃうんだ」と再認識して粛然としてしまうシーンでもあります。
また、OVAを見てからは、ここを読むときはいつも小椋桂さんの「歓送の歌」がオーバーラップしてきて、ますます気分が高揚してきて、その勢いで8巻間で一気に読破してしまうのが慣例になっています。
216 ファーレンハイトが最期炎の中で息を引き取る場面 10歳からの銀英ファン 一番カッコいい死に方だったと思う、あとその前に味方を逃げさせようとして「本艦は最後衛にあって見方の退却を援護する」って言ったとぃの顔が迫力があった
217 「勝てると思うかい?中将」
「あなたに本当に勝つ気があればね」
シェーンコップのような部下が欲しいし、ヤンのような上司が欲しい。
そして自分は、ヤンのような上司か、シェーンコップのような部下になりたい。
218 惑星ウルヴァシーでのコルネリアス・ルッツの最期 フリデリーケ 「あなたの御手から元帥杖をいただくお約束でしたがかなわぬことのようです・・・」
このセリフに胸を打たれました。オーベルシュタインの葬儀に出してやることができなくて残念。だが婚約者の事を思わずに死んだのはもっと残念。
219 OVAで、負傷したロイエンタールが先に倒れた戦友・敵将を思い浮かべるシーン。 アーレンスマイヤ 生きてこそ拓ける道もあったと思うけど、彼にはそれができなかったんですね。
大馬鹿野郎とはまさにミッターマイヤーだけが言える言葉です。
220 ロイエンタールがトリスタンにて負傷するシーン。 amanda どのシーンも人が死ぬ瞬間って「うわーん」ってなりますが、このシーンは私の胸も同時にグサっときました。
221 ユリアンがブリュンヒルトに突入し、フラフラ状態でカイザーの御前にたどり着いた時。 たか ラインハルトが偉そうに足を組み、肘をついてユリアンの到着を待っていて、態度のデカさがまさにカイザー!!
222 アッテンボローの「スピードはひかえめに、ブレーキは早めにってね」 久瀬紫暮 これを守ったおかげで免許取得!>ありがとうアッテンボロー
223 マル・アデッタ星域会戦! SkyAce ビュコック爺さんの最期は何度見ても涙がでる。真の男に乾杯!
224 ミッターマイヤーの求婚シーン。 まいまい ミッタ可愛すぎ!!惚れた!!
225 飲んだくれた次の日に、ロイがミッタに「忘れてくれ」って言ったら「何のことだ。まるで覚えてない」ってとぼけて、その後ロイが「ふっ。そうか。それならいい」って、苦笑するところ。 新人一号 この「ふっ。」がなければ、名場面にはなるまい。声優さんの底力を感じさせてくれる場面じゃ。
226 OVA、バーミリオン会戦のラスト付近
「敵陣、完全突破!」
「敵総旗艦捕捉!攻撃、よし!」
ヤン、「撃て」の準備の格好をとる(右腕を肩の線まで挙げる)。
AKR 原作は知っていたけど、この後、もしヤンが「撃て」と言ったときのこと(たぶん、生き残った三千隻の一点集中砲火がブリュンヒルトに殺到する)。を想像して、思わず鳥肌が立ちました(当時、同盟軍よりだった僕)。こういうシーンは、文字だけでは難しい、映像の強みですよね。
227 ロイエンタールが死ぬとき、エルフリーデが彼の汗を拭いてあげているところ。
「剣に斃れ…」
趙 子竜 この二人、もっと別の出会い方があればよかったのに。
228 OVAにて、話のラストでロイエンタールが処刑場で「だったら、お前も国を奪ってみろ」と独語するシーン。 この回そのものが芸術的なまでの視覚的構成になっている。特に、レオノラが自殺に使ったグラスが落ちる場面が実に示唆的。
229 功に報いるに罰を似てして王朝の繁栄があるとお思いならこれからもそうなさい。というベルゲングリューンの言葉 とうや なにか考えさせられる台詞です。
他者を貶めることで自己の栄達をはかることが最低な事というのは周知の事なのに、わりと現実にも起きている事なのがとても悔しいです。
230 「汚名」のラストシーン。 ちー キルヒアイスとラインハルトの信頼関係の本質が垣間見える。二人の私服も見所。
231 OVAで、ラインハルトが死ぬ寸前にかかる『月光』。 趙 子竜 銀英伝に名曲が使われていることは周知の事実だが、この場面で『月光』が流れるとは流石だと思った。ここのヴィジュアル(姉弟)が良いだけに、空間全体が筆舌に尽くしがたい美しさを漂わせている。
232 ミッターマイヤー元帥戦死の誤報にロイエンタールが蒼ざめる場面 右の黒真珠 -
233 名場面というわけではないのですが、シリウス元勲の一人であるジョリオ・フランクールが1000ページを超える植物図鑑で地球軍兵士を殴り殺したというエピソード。 趙 子竜 銀英伝でしか味わえない表現だ。しかし、大学で植物学を学んでいたという学生がよくBBFの最高司令官になれたものだ。
234 主役2名のプロポーズシーン。 趙 子竜 だめだめすぎる。特にラインハルト。
235 黒色槍騎兵の突撃! しんじ すなわち最終局面ってコトです
236 ヤンとラインハルトの会見シーン しんじ コレ見るために飲み会早めに切り上げました
237 ロイエンタールとシェーンコップの一騎打ち。 みゆき カッコイイの一言
238 ファーレンハイトの
「敵にとっては予定の行動という訳か。」
からカールセン提督の
「突撃。」
までとシュワルツ・ランツェンレイター出現時
E・A准将 マル・アデッタ星域会戦中盤ですが、
「後ろでごちゃごちゃ何やってんの?」
なんて個人的な迷場面です。
ビュコック&カールセンの老将コンビの前に
水色の瞳の勇将はもて遊ばれ思わず感歎し
その後、鉄壁ミュラーも形無しの状況に完璧なまでに唖然・・・。
印象的なもう一コマは、中和磁場を張らずに
ビームをもろともせずに撥ね返すパーツィバルの雄姿&初陣に開いた口が塞がらず・・。
239 オーベルシュタイン元帥が死ぬシーン。 鉄人29号 このシーンに彼の行き方が全て集約されている感がある。やはりラインハルトの影だったんだなあ。
240 外伝ビデオ(小説本にはその回だけなぜか入ってないー^ー)の「汚名」が一番すきですね
屈辱的な負けを喫するくらいなら自沈をーー”って派の艦長に、”これは罠です!”って正面から異議を唱えるラインハルトのシーンが一番かっこよくてすきです。
omiguri あんなおいしいエピソード、小説版に入ってなかったのはかなり意外だった。
241 「卿は死ぬな」と、ラインハルトがミッターマイヤーに言うシーン。 キルP好き ただ一人の戦友となってしまったミッターマイヤーに対してだけでなく、死んだロイエンタールを悼む気持ちも含まれているようで、涙腺を直撃されました。キルヒアイスとの間にあった友情とは異なる、だが、決して劣らない絆が、ラインハルトとミッターマイヤーにはあるのだと感じた。
242 ヤンがシュタインメッツをブラックフォールに追い詰めるシーン ロ胃炎タール シュタインメッツのスイングバイの度胸に惚れた
243 アニメ版のウランフが戦死するシーンウランフ:「参謀長、味方は、脱出したか?」
チェン:「は、半数は・・・」
MatsuD 小説版では特に後々から惜しまれていたウランフですが、アニメと漫画ではその戦死の間際も描かれていて良かったです
244 アニメ版のウランフが戦死するシーンウランフ:「参謀長、味方は、脱出したか?」
チェン:「は、半数は・・・」
MatsuD 小説版では特に後々から惜しまれていたウランフですが、アニメと漫画ではその戦死の間際も描かれていて良かったです
245 キルヒアイスが死ぬとこ 西武ファン すんごい泣いた!電車の中で思い出して、さらに泣いた!キルヒアイス本当に好き!!
246 お前はあれを見たか?疾風ウォルフが泣いているぜ みなみ アニメ版はあまり覚えていないのですが
小説9巻でロイエンタールがトリューニヒトを撃ち殺して命つきるまでの描写やセリフがすごく好きです。死が音もなく翼を広げて男の上に覆いかぶさったという表現がいいですね。
247 「よろしい。本懐である。」の場面。 くろろ ファーレンハイトの最期は涙なしでは語れない!!
248 ヤンが起立しない場面 総裁 他サイトでも議論の題材になったが私はヤンが起立しなかったことは正しいと思う
249 ヤンの死後、フレデリカがヤンの写真に向かって語るとこ! ヤンに惚れた女 フレデリカのヤンに対する変わらない愛情を感じる☆彼女の言葉に何度感動したことか!私ならいつまでもヤンの思い出にばかり浸って、立ち直れない ヤンもフレデリカも大好き☆
250 ラインハルトがバラの花束を持ってマリーンドルフ伯にヒルダとの結婚を申し込むところ! ぎんえいでん ラインハルトがかわいいーー!!あんな表情今までに見たことないよ!トキメイたー(笑)ヒルダも綺麗だったな☆
251 アムリッツァー会戦 m.a 他にもいい場面はあったけどやっぱりここでしょう。ウランフがメッチャかっこよかった。あと曲がよかった
252 ヤンのプロポーズでしょ!! ジュン ヤン!かわいいってば!二人とも、おめでとーーーっ(*^_^*)
253 ヤン提督の死ぬ前にイゼルローン一党の全員が、でてくるところ 一兵卒 泣ける!泣ける!泣ける〜〜〜〜〜〜!!!
254 ファーレンハイトの最期の言葉「分かった、形見をやる。お前の命だ。生きて皇帝にお目にかかれ。死ぬなよ、いいか。」 リーゼロッテ ああぅ〜。胸が締め付けられてもう読み返せませぬ・・・。私的にはこの直後のヤンの死よりも悲しかった・・・。あの従卒の子、ちゃんと生き残れたかなぁ。
255 キルヒアイスの死 あこ もうこの回にかぎりますね〜。自分の半身でありずっと一緒だった人の突然の死。しかも自分のミスで・・・もし自分がラインハルトと同じ立場ならと思うとかなり衝撃を受けました。一生心に残る話ですね
256 「魔術師、還らず」(予告) 無名法師 屋良さん、すごすぎ!マジで泣けます。
257 ラルフカールセンがマルアデッタ会戦で副官にわしは士官学校に行けなんだ。今まで統合作戦部エーリトに対する意地だけで戦ってきたようなもんじゃ、こんな時代じゃなければ艦隊司令までなれんかったじゃろな。それが皇帝ラインハルトと肉薄するところまで戦えたんじゃもう十分じゃろう。そう言って副官ががっくりうなだれるシーンです。カールセン提督はさぞ一生賢明に同盟ために戦ってきたんだろうなと思った。 同盟 カールセン提督万歳、同盟万歳、民主主義万歳ですね。
258 キルヒアイス事切れるシーン。「宇宙を手にお入れください」
ロイエンタールが事切れるシーン。
「遅いじゃないか…ミッターマイヤー…」 
銀河帝国軍親衛隊 オーベルシュタインのばか!
アンスバッハのばか!
でもこの本は友情の大切さ、愛の大切さを教えてくれる本でした。
259 ヤンが死ぬところ 同盟 台詞もいい、ごめんフレデリカ、ごめんユリアン、ごめんみんな、ジーンとくる台詞とシーンだね
260 ヤン死亡 ERUNA ショックが強かった・・・
261 ヤン提督のプロポーズ むにゃ 何回繰り返して観たことか。ヤンが可愛すぎる。悶絶。
歯切れの悪いヤンが何とももどかしく、背中を押してあげたくなった。
何回観ても胸がときめいてしまう、本当にすばらしい演技をなさった富山さんと榊原さんにも乾杯。
262 OVA第53話「急転」の最初のシーンからシェーンコップがヤンに進言し終わるまでのシーン。 BLUE SUEDE SHOOTING STAR 民主主義を守るために戦った人たち。せっかく民主国家を守れたのにヨブ・トリューニヒトの自己の安全を選択した無条件降伏。何か悲しい感情がわきあがって、鳥肌がたった。
263 キルヒアイス…死す!! 銀河帝国軍親衛隊 宇宙を手にお入れください…
このセリフは名言だ!!(泣)
264 フレデリカがユリアンに、ヤンの「ふさわしい死に方」について語るところ。
「あの人はあんな死に方をする人じゃないの。歳をとって、昔の武勲を知る人も少なくなって、ある日、孫が呼びに来ても返事がない…」というような内容だったと思う。
窓際下士官 これが多くの人にとっても「理想的」な死に方だろう…。
265 八月の新政府のラスト。みんなで同盟国歌を歌うシーン リドワーン 一つの「国家」としてではなく、共通した理想を持った集団でしかないのに、なんだかすごく強い団結があるなーと思いました。「自由」という言葉を、をれぞれが思い思いに感じ取った結果、同盟の国家としてではなく、自由を歌った歌を口にしている。これから彼らの前には、ロンゲストマーチに匹敵するほどの苦難が、待ちかまえているにもかかわらず、これほどポジティブになれる。自主、独立というものが、どんなに大事かを確認できるシーンだと思います。
266 シュバルツ・ランツェンレイターがイゼルローン軍に対しての、最後の攻撃命令を受けたときの、ビッテンフェルトのうれしそうな顔。「心得た!!」 窓際下士官 この攻撃って、必要だったんだろうか?
まあ、結果論であるが。
267 外伝、『白銀の谷』で、ベーネミュンデ侯爵婦人に、ラインハルト抹殺命令を受けた宮廷医グレーザーが、帰りの馬車の中でナースと会話しているシーン。
「女が変わるのは、男の責任ですわよ、ドクトル(ナース)」
「…《唖然》(グレーザー)」
窓際下士官 このナースのセリフは、皇帝とベイ婦人との関係にかけて、現在の自分とグレーザーとの関係を皮肉ったようにもとれて怪しい…。
268 外伝ではキーボードを人差し指のみで不器用に操作していたヤンが、本編の「諮問会」へ向かう艦の中では器用に両手でキーボードをたたいている。 窓際下士官 名場面というよりは、ちょっとした違いであるが、寝てばかりいるように見えて、実は少しずつ記録を書き溜めていたのだろうということがさりげなく表現されていて、よい。
269 フレデリカさんが「ありがとうございましたと、そう申し上げる事が出来ればいいと思います」といって礼をした後に、アッテンボロー提督が真っ先に「イゼルローン共和政府、万歳!」と言った場面。 伊達歌音 何故か分からないけど、OVAで彼が叫んだ途端とても嬉しかったんです。フレデリカさんではありませんが、涙がでました。
270 「愁雨来たりなば・・・」の回想シーン Bob 牧歌的な風景の中で仲の良いケスラーとフィーアの幼少時代が描かれています。季節が移り変わって戦場に発つことになった別れのシーンは、悲しみと美しさが重なり何度もみました。この回は大好きです。
271 アニメ外伝『千億の星千億の光』でのキルヒアイスの実家への帰省シーン 窓際下士官 暖かい家族に迎えられるキルヒアイス。しかし、本編での彼の最期を考えると…。
272 フィッシャー中将の戦死報告が届いた時 一杯の紅茶 「シヴァが戻らない!?」と言う言葉に始まり、「ヤン艦隊の生きた航路図が死んだ航路図になっちまった・・・これからはうっかり森にハイキングにも行けんぞ・・・」と言うアッテンボローの言葉に締めくくられた悲劇・・・このシーンで初めて今まであまり目立っていなかったフィッシャーの重要性を知りました・・・本当にヤン艦隊の片足だったんですね、彼は・・。
273 「初陣」のユリアンが帰ってきて、皆で迎えているシーン。 姫宮聖美 ヤン艦隊の上層部全員集合。
コーネフ隊長もヤン提督もパトリチェフ准将もメルカッツ提督もシェーンコップ少将も・・・みんなが揃っている事が、あまりにも嬉しくて・・・ただそれだけで嬉し涙が出ました。
274 ヤンがメルカッツ亡命の報告を聞いて足をぶつけたところ 海山商事のヒラ さすが富山氏,とてもいい味だしてました
275 ラインハルトが死者(ビュコック元帥)への手向けとして、ガラス越しの夕日に向かって白ワインをかけるシーン。 自由人 ヤン達だけじゃなく、きっとラインハルトもビュコック元帥の死を惜しんだんでしょうね・・・
276 OVAで憂国騎士団の面々が鼻歌で国家を歌いながらジェシカににじりよる場面 夕刻騎士団 何度か読み返している内によほどに変な場面だと気付いてからは面白くて仕方ないw
正直ドラマとかだったら異様な光景かと…
277 アムリッツァ星域会戦! ユリシーづ 新世界等使用曲が秀逸!特にニールセン作交響曲4番が使われた、恒星アムリッツァの戦いは、背筋がゾクっとした
278 イゼルローン回廊に、ガイエスブルグ要塞がワープアウトしてきた時のユリシーズ艦内 ユリシーづ 「質量・・・約40兆トン!!!!」って、叫んだところ。ここゾクっとしました。
279 ヴェスターラントを忘れたか!! 名前 銀英伝第一の悲劇を思い出します。
この後、数百万の犠牲を取り戻す「できちゃった」がおこりますが
280 起立しない自由を行使します 南溟道人 ヤンは、オフレッサーよりも勇敢だ。
281 ミッターマイヤーが軍服のまま奥さんの到着を待って再開したとこ。 コテン 元帥があんなとこにいたら目立つよ。
おしどり夫婦ごちそう様。
282 バーミリオン星域会戦で、ヤン艦隊がラインハルト旗艦ブリュンヒルトを射程内に捕捉して、すぐにでも攻撃をしかけようとしているところに、ハイネセンから超光速通信で無条件降伏するよう命令が伝えられたところ。 いちおう銀英伝好き シェーンコップとアッテンボローの悔しがる姿を横目に笑ってハイネセンからの停戦命令に従うヤンの愚鈍なまでの無欲さがいじらしい。特にシェーンコップのセリフは秀逸ですね。「政府の命令なぞ無視して全面攻撃を命令なさい。そうすればあなたは三つのものを手にいれることができる。ローエングラム公の命と、宇宙と未来の歴史とをね。あなたは、このまま前進するだけで歴史の本堂を歩くことになるんだ」これに対してヤンの言葉がまたすごい。「その手もあるね。だけど私のサイズにあった服ではないようだ」確かにヤンの言葉は無欲で素晴らしいけれども、その後の推移を見ると、宋襄の仁だったことは皮肉であったけれども。
283 マル・アデッタ星域の会戦……泣ける 堕天使?ルシフェル OVA版で、ビュコック艦隊の後背にアイゼナッハ艦隊が現れて、艦首のアップから艦橋へズーム→ビュコック元帥とチュン参謀長の二人の勇姿と言う場面転換とBGM。これで、泣ける。
284 キルヒアイスが亡くなる場面&ラインハルトがキルヒアイスの墓参りをする場面(OVA版) くれは 観ていて泣けてきた。墓参りの場面は、特に胸が痛い・・・。でも、だからこそ名場面。
285 ジェシカ・エドワーズの演説を批判するファイフェル少佐 ヘイグストローム すばらしいの一言
286 惑星リューゲンで盤古沈むシーン 第10艦隊 ウランフ中将が味方を撤退させるために最後まで殿を務めて死ぬ間際まで撤退する味方の事を心配しながら盤古が沈んで行った場面
287 ワルター・フォン・シェーンコップの最期 後藤又兵衛 「いい眺めだ」の一言にシェーンコップの懐の大きさを改めて感じた。
288 ビュコック元帥の最後のシーン。 暇人 自分の進んできた道を、裏切らないで生きたい。
289 オーベルシュタインの最期 ネオフェイト 今まで嫌われ役だったオーベルシュタイン最終回ラインハルトを守って地球教のテロの犠牲になって死に、最後執事や犬の事も思い出してくれた。ヤンの死やロイエンタールの死も名場面でしたけど、この名場面は一番記憶に忘れられない名場面です。
290 マル・アデッタの戦い。 紗耶 カールセン提督とビュコック提督。その参謀達も。男だなあ〜。涙。
291 アッテンボローの食事風景 アッテンボロー夫人 ハンバーガー食べながら、シュミレーションしてたり、サンドイッチかじりながらビッテンフェルトの通信文報告したり、ヤンの話聞きながら、パスタ食べたり・・・シチューを勢いよくたいらげたり・・・・・。本当に「伊達と酔狂」が喧嘩にしかいかないんだな(笑)
292 退役したビュコックが再び呼び出され戦場に行くとき、ビュコック夫人が黙って軍服を持ってくるシーン マジすれ 切ないすぎる(涙
293 ヤンのプロポーズ。 Yui ヤンの身の上話から結婚式まで。かっこいい。
294 シェーンコップの戦死のシーン。 アルラ・アウストラウス シェーンコップの最後はカッコ良すぎて!わからず屋の父親を演じるシェーンコップも見てみたかったな〜!兎に角、薔薇の騎士の名シーンは沢山ありすぎて語り尽くせないな!キルヒアイスとラインハルトを見て帝国のファンから入って同盟側の薔薇の騎士ファンにどっぷり浸かってしまいました(笑)
295 艦が被弾した直後のひどい惨状 へぼ詩人 美しさばかりに目を奪われないで欲しい。こういう死が戦争の本質である事を。
296 「分かった。形見をやろう お前の命だ……」と従卒に話掛けているファーレンハイト提督
貧乏提督万歳(笑)
ファーレンハイト提督とヤン提督が亡くなるシーンは何度見ても号泣です。最初はファーレンハイト提督の声に惹かれていただけだったのに今では提督の全てが私のツボです(^_^;)
死に様もかっこいいですけど出来れば生きていて欲しかったな〜と思う若輩者でした
297 ビュコックとチャンウーチェンが
ラインハルトに勧告されたときに返答したシーン
OO 民主主義の軍人であったことを誇りに思う両名・・・
とても感動させられるシーンでした
298 バーミリオンにて
「小官はザムチェフスキー准尉であります。たった今、アップルジャック隊の生存者は、小官一名のみとなりました」
モランビル大尉 「・・・っ!」ガッ!!
299 ビュコック元帥が死ぬところで、降伏勧告に行ったミッターマイヤーに(ミッターマイヤーも降伏するとは思っていない)、きっちりと対等にラインハルト皇帝と直接話したいと望んだ時。ミッターマイヤーがピーンと息を呑んだ表情。 ますみ ミッターマイヤーも漢だから、敵国の老元帥だが本当の漢だから尊敬し尊重したのでしょう。
そしてビュコック爺さん、ラインハルトに「あなたのような孫が欲しかった」みたいなこと言ってたでしょう。まさに百戦錬磨の強者・・・。そして壊滅した同盟軍の残骸にピタッと敬礼していく男たち。ああ、カッケー!です。
300 ヒルダの子供が生まれたときに、
ケスラーがマリーカと手をとり踊っている場面。
ちゃか 構図を想像するだけでもほほえましい。
OVAではすごくよかったです。
大佐のくだりが好きすぎて…
301 第15話「アムリッツァ会戦」の前半部分 パトロクロス砲手
ドボルザークの「新世界より」の第4楽章と同盟と帝国の艦隊戦がシンクロしすぎてつい何度も見てしまいます。
302 ラグランシティ事件 さん
本筋とは別時間軸の話では、一番印象に残ったから
303 シェーンコップ初登場シーン「どうやら貴官は服のシミが気になるようだっ」と言ってコーヒーをぶっかける。 ローゼンリッター入隊希望者

この場面一発でシェーンコップは今後、重要なキャラになるとわかった。それにしてもカッコよすぎ。男が惚れる男だねぇ。そりゃ女にモテるワケだ。

※名言と途中で分離したためコメントが多少一致してません。