TOP > 再びノーマル仕様

2006.03.11

 MC後車にバトンタッチするために、今までチューンしてきたパーツを取り外し、純正のパーツに戻しました。
次の愛車が納車されるまで、ノーマルに戻った仕様を楽しんでみました。

■外観ノーマル



 もともと外観には手を入れていなかったので、NISMOの19インチのLMGT4ホイールが純正に戻っただけです。

■ホイール&タイヤ



純正の17インチのホイールは、12000キロ走行していたにも関わらず傷ひとつ付いておらずピカピカです。
タイヤの減りもほとんどなく、まだまだこれで十分ですね。
ホイール&タイヤ重量も、19インチ装着時のとそれほど変わりませんので、軽くなったとか重くなったとかの感覚は特にありませんでした。
もっとも雨でしたので、そこそこしか走りませんでした。

■マフラー&キャタライザー





純正のマフラーとキャタライザーに戻しました。コンピュータだけは、IMPULのECUのままです。
排気音は予想通り、ジェントルに戻りました。
エキゾーストノートが大人しくなった分、クルマの体感速度も遅くなりました。(雨の中の街乗り状態ですが)
随分と乗り味がつまらなくなりました。(笑)

■内装



目立つところでは、ナビ&オーディオスペースがぽっかり開いてしまったところ。
本来は、オーディオレス仕様ですので、2枚のカバーで隠されます。
音楽ソースがなくなっただけで、随分と寂しくなります。見た目も寂しいです。
そのほかとしては、ETCやレーダー、ナビの付属品(マイク、GPSなど)がはずされました。
オーディオがなくなったおかげで、V6サウンドが目立ちました。