TOP > My Z33クレーム処理

Z33が納車されてからは特に大きな問題はなかったのですが、今回大きな問題が生じました。工業製品ですからなんらかの不具合が出てくるのは仕方がないですね。


 


2007.09.10 フューエルカバーの段差

 Z33の円形のフューエルカバーですが、ボディーとのフィッティングが悪い部品のひとつです。

<不具合車両情報>
・平成18年3月登録車
・Version S(MT)
<不具合箇所>
・フューエルカバーのフィッティング
<対処方法>
・フューエルカバーのヒンジの部品を交換して調整

■対処前

右下がかなり出っ張っています。
段差による影を見れば、相当大きな段差だということが判ります。

■対処後


カバーのヒンジの部品を交換してもらい、調整してもらいました。
大分、段差が目立たなくなりましたが、完全に収まったわけではありません。
しばらく、様子見ということになりました。

2005.05.01 フューエルカバー開口スイッチ修理


<不具合車両情報>
・平成16年1月登録車
・ベースモデル(MT)
<不具合箇所>
・フューエルカバーの開口スイッチ
<対処方法>
・開口スイッチの部品を交換

 クレーム扱いで直してもらいました。下では対策品と書きましたが、特に改善された部品ではなく新品の従来品に交換になっただけです。構造的には、問題は解決されていないので気をつけて使ってくださいとのこと。


2005.04.27 フューエルカバー開口スイッチ脱落
 給油時にフューエルカバーを開けようとスイッチを押したところ、ぼっこり裏側に落ちてしまいました。早速、ディラーに連絡したところ対策品があるということで、取り寄せて対応するとのことでした。この状態では、フューエルカバーを開けることが出来ないので給油ができないという困る故障です。


※余談ですが、ボタンの下にインパルのシールが貼ってあったのに気づきました。コンピュータを交換しているので、コンサルポートからプログラムをリロードしないようにという注意でしょう。


2004.10.03 ドライブシャフトのブーツバンド脱落

<不具合車両情報>
・平成16年1月登録車
・ベースモデル(MT)
<不具合箇所>
・ドライブシャフトのブーツバンドの脱落とグリス飛散
<対処方法>
・ドライブシャフトのブーツバンドの交換、修理、クリーニング


 2004年9月27日にディラーに入庫して、修理してもらいました。基本的には、ブーツバンドの取り付け修理でしたが、周りにこびりついたグリスもきれいに取ってもらいました。平日でなおかつ出張中だったのでディラーの対応は奥さんにやってもらいましたが、
-----------------------------------------------------------------------------
 とにもかくにも「すみませんでした」「ご迷惑をおかけしました」の連発で申し訳ないくらいだったとか。
また、先日はNISMOから電話があって、セールス氏は「ディラーで冷たくされたので、怒ってnismoに行ったんだ」と勘違いし青くなったそうです。
NISMOはお買い物コースで、エアクリなどを見に行っただけなどの経緯をお話ししたところ、誤解も解け、一件落着。でも、ひたすら謝ってくれました。
-----------------------------------------------------------------------------
とのことです。
まぁ、ディラーにとっては良いお客で問題が大きくならなくて良かったんでしょうね。(笑)

<修理後>

■見た目はきれいになってます。


2004.09.24 左リアサス付近のグリース漏れ
 那須塩原ツーリングで峠を走ってきた帰り、なんか焦げ臭い。クルマの周りを見てみると左リアのホイール内から煙がでてました。その時には路面のゴミが付着してブレーキの熱で焦げたのかと思い特に異状とは感じませんでした。ツーリングから帰ってきて洗車してみるとホイールの内側にべっとりオイルが付着してました。さすがにこれは異状と思いディラーに見てもらうことにしました。
 ディラーには週明けに持っていって見てもらうことになってましたが、千葉NISMOの店長さんにこの異状を話してみるとすぐに自身で見て頂き、購入した担当のディラーマンに部品の手配などをてきぱきとしていただきました。いつもながら、顧客第一で親切な対応には頭が下がる思いでした。

<修理前>

■ ↑ドライブシャフトのブーツバンドがありません。下の右側のドライブシャフトのブーツと比べるとよくわかります。
 周りにはグリースの汚れがこびり付いてます。


■ 右側のドライブシャフトです。こちらは、きれいです。


■ドライブシャフトのブーツバンドが抜け落ち、グリースが大量に漏れてました。NISMOの店長さんにお話したときにはドライブシャフトのブーツからのオイル漏れが怪しいと第一に指摘してましたが、その通りでさすがでした。
 現時点ではまだ修理に出してませんが、直った時点でまた報告します。 


2004.04.26 運転席下のパネル

<不具合車両情報>
・平成16年1月登録車
・ベースモデル(MT)
<不具合箇所>
・運転席下のパネルの脱落
<対処方法>
・きっちり嵌め直し

 最近、左のひざがパネルに当たって仕方がなかったので、ディラーに持ち込んでみてもらった。やはり、パネルのはめ込みが緩んでいたそうである。奥さんの話では納車直後から、垂れ下がっていたそうで、だんだんひどくなっていたとのこと。最初は自分でガチャッと嵌めていたそうであるが、最近はもう嵌らなくなったようである。

<修理前>


<修理後>

 だらしなく垂れ下がっていたパネルが一応、ビシリっと嵌った。6箇所あるツメの部分が緩んでいたりしてうまく嵌らなかったようである。とりあえず、様子見であるが、ETCやナビ装着でゆるくなったのでは?って言われたので、ETCを付けたのは誰でしたってけ?と言い返しました。(笑)。