TOP > NISMO ニスモ LM GT4&ポテンザRE-11タイヤ装着


2009.03.22

車検も無事終わったので、新しいタイヤに交換しました。 今まで履いていたタイヤは、3年、2万キロ走行で5分山くらいでしたが、タイヤは安全への保険なので、奮発しました。今回のタイヤの銘柄は、ブリヂストンPOTENZA RE-11。19インチなので、一本あたり工賃なども含めて5万円コースでした。ちなみに、検討というか比べた銘柄は、同じPOTENZAのRE050。普通に乗る分には、 RE050が良いように思いましたが、リムガードがしっかりあるのと総費用で1万円程高くなることもあり、予定通りRE-11としました。

<店頭表示価格>

ちなみに、写真のように店頭価格は、 245/35-19 56,100円 、275/35-19 60,800円 でした。さすがに値上がり傾向は終わったようですが、 値下がりはまだまだのようで、高止まりしています。 R34の時には17インチタイヤで10万円コースでしたが、昨今の原材料の高騰と19インチ化により飛躍的に購入費は高くなりました。 普通のタイヤサイズならば4本で5万円もあれば良いタイヤ履けるのですけどね。

<交換前>

純正の18インチホイールです。交換前は、これはこれで良かったのですが....

<交換後>

交換後のイメージですが、さすがに19インチタイヤ。 扁平率も35%となるので、見ての通りアルミの部分の比率が大きくなり、タイヤが薄っぺらく見えて見栄えは良くなりました。 それとブレンボのゴールド・キャリパーも目立つようになりました。

<LM GT4>

LM GT4もまだ店頭で購入できます。新品で買うと、4本セットで234,000円という値札が付いていました。今回のホイールは先代の遺産で、3年間自宅に眠っていたものを復活させたものです。今回は、半値で19インチ化できたと自己満足(笑)しております。

<おまけ>

代車のX-TRAILを貸してもらい新旧のホイール&タイヤを運び出しました。4本だと100キロくらいあります。2セットを運んで非常に疲れました。


2008.02.22

そろそろホイール&タイヤをチューンアップしたいと思っています。ホイールは、先代Z33で購入したニスモ LM GT4で決まっています。



タイヤは選定中ですがRE-01Rの後継モデルのポテンザ RE-11(アール・イー・イレブン)が気になっています。サイズ的には、フロント:245/35/R19、リア:275/35/R19のサイズがラインナップされているのでホイールとの適合条件は問題なさそうです。

<LM GT4 適合表>

アルミホイール タイヤ
フロント 40300-RN889-SL ブリヂストン ポテンザ RE-11 
19 ×8.5J オフセット+25 245/35/R19
P.C.D.114.3
リア 40300-RN898-SL ブリヂストン ポテンザ RE-11 
19 ×9.5J オフセット+30 275/35/R19
P.C.D.114.3

自宅の立体駐車場の制約から、もっとタイヤの幅を小さくしたいと思っています。例えば、2008年モデルのタイプFでは、以下のホイール&タイヤのセットになっています。

<タイプF専用 日産 レイズ製鍛造アルミホイール>

アルミホイール タイヤ
フロント 18 ×9J オフセット+30 ブリヂストン ポテンザ RE05A 
P.C.D.114.3 245/40/R18
リア 19 ×10J オフセット+30 ブリヂストン ポテンザ RE05A 
P.C.D.114.3 265/35/R19

違いは、フロント(18インチ)、リア(19インチ)ともに0.5ずつリム幅が広くなっており、リアのタイヤサイズが、265/35/R19となっていること。275/35/R19よりは、多少、はみ出さないのではないかと思います。ただし、この265/35/R19というサイズは、RE-11にはラインナップされていないのが残念。

それにしても、最近はますますタイヤが値上げされて高くなっています。2008年3月1日発売開始となるRE-11ともなると相当費用がかかることが予想されます。実際には市場価格を睨みながら夏のボーナス商戦頃に交換を考えています。