TOP > Z33 ハイパワーユニットコントロール


2005.05.01 更新

 先日、気がつきましたがIMPULのハイパワーコントロールユニット装着時に、フューエルカバー開口スイッチの下にシールが貼られてました。Z33の場合は、コンサルポートからプログラムやデータをリロードできますので、ディラーでメンテナンスの際に誤ってノーマルプログラムをリロードしないように注意してもらうためのシールのようです。


2005.01.25 リニューアル

Z33のチューニングとしては、IMPULのECU交換が第一歩でした。従いまして、当時のインプレはそういう観点でお読みください。 


 エンジンフィーリングの向上対策として、IMPULのECUを交換。同時に純正6番白金プラグとIMPULスポーツフィールターの装着も実施。
これらは、Z33のファインチューニングのセット価格となっていて、合計10万円のお買い得価格(3/7現在)でやって貰いました。

 納車後一月が経過して、慣らしも終わり、ノーマルの性能特性も見えてきたので、当初の予定通り、第一段階のECUチューンを2004/3/7に、IMPUL世田谷で実施してきました。通常は吸排気系からのモデファイがセオリーですが、R34のターボの時のも敢えてECU交換(ブーストアップ)を先に行い、後のチューニングの楽しみが長続きしました。今回もマージンが高いIMPULということで、ECU交換後も自由度が高いのが自分に合ってます。R34でも各種のIMPUL製品の取り付けを行ったなじみのある世田谷に久しぶりに行って見ました。



 取り付け風景の写真を撮らせてもらいながらいろいろなお話が聞けました。やはり、IMPULさんはチューンショップなどと違い敷居が低くて好感が持てます。特に自分のようなノーマル派にとっては信用をおけることが一番です。

■ IMPUL ECU装着
助手席の足元のパネルを取り外し、ECUを取り出します。
とくにセンタコンソールは凄い配線の山です。(笑)
ECU交換に当たっては、イモビライザーの書き換えも必要なので、スペアキーも含めて3本とも持参する必要があります。
ECUの本体。チューンと言ってもコンピュータ本体を改造するわけではなく、ROMのプログラムやデータを入れ替えるだけです。
なお、ディラーにIMPULのコンピュータに換装していることを伝えていないときには、ディラーで不具合対策の時にメモリーを書き換えてしまい、ノーマルに戻ってしまうことがあるそうなので、注意が必要だそうです。確かに、コンピュータチューンの性格を端的に表しています。
IMPULの定価では、168000円(純正下取り交換が118000円)となります。もちろん、純正を手放すって言ってもコンピュータのハードウェア自身は同じなので、敢えて自分のECUを手元に残しておく必要はないと思います。さらに、IMPULとして、2年間または50000キロまでの保証をつけてくれます。
■ プラグ交換
R34の時にもプラグ交換は大変な作業でしたが、Z33も同様でした。
まずは、エンジンの上に被さっているタワーバーとエンジンカバーを外します。
さらに、プラグの上にある補機類(上の写真の黒い部品)を外します。
これで、やっとプラグの交換ができるようになります。
IMPULでは、プラグ交換単独は、部品代(9000円)を含めて、Z33では15000円でやってもらえます。
これだけの手間を考えたら、非常にお買い得だと思います。(ディラーだと25000円って言われたときもありますので)
■ スポーツフィールター
 宣伝文句は、「吸気効率、清浄効果を高いレベルで両立。エンジンレスポンスを向上させ、更に燃費を改善。」ということですが、純正タイプに近くてリスクが少ないって安心感があります。Z33の場合は、IMC-01(7900円)となります。

■ インプレッション
 エンジンの回転が非常にスムーズになり、ノーマルで感じていた荒さがなくなりました。一言で言うと「エンジンが変わった?」と思うぐらいフィーリングが激変して向上しました。エンジンは高回転までスムーズに吹き上がり、「ドドドッ」ってノイジーだったV6サウンドが心地よい響きに変わりました。5000回転以上回しても、ストレスを感じなくなりましたね。R34からの乗換えで、V6サウンドとしてあきらめていたアメリカンな振動やノイズがなくなり、直6並みにフィーリングが向上しました。まるで、2ランクくらいUPしたエンジンのように感じられます。

 高速での運転は楽しくて仕方がなかったです。(別にIMPULの宣伝をしているのではないので、主観的なものはこの当たりで抑えておきます。実際に体験して見たい場合には、一声かけてください。近くならばOKです。)奥さんも、このフィーリングには大満足な様子。ハンドルを握っていて笑みがとまらなかったようです。(笑)

10万円の投資をして得られる満足感を考えたら、絶対に買いだと思います。但し、今後のチューンとしてノーマル+αに留めたい人、マフラー交換は車検対応を前提にする人、エアクリを純正タイプ以外にしない人向けであることを明記しておきます。
 また、上記のチューンの範囲であれば、リセッテイングが必要ないこと、ノーマルマフラーを後で交換したいが、取り敢えずエンジンフィーリングを改善したいと言う人には最適だと考えます。

 ノーマルでのパワーチェックでは、5速5000回転でスピードリミッターの壁がありましたが、これで、パワーチェックでは本来の性能を引き出してくれることでしょう。また、燃費も帰りは踏んだ割には、それほど悪くなかったので、効率UPしていることに期待してます。